Dropboxの利用でデータのやり取りが楽になり作業効率が劇的アップ

Dropboxの利用でデータのやり取りが楽になり作業効率が劇的アップ

クラウドサービスというと、コアなネットユーザーでなくとも「何となく知ってる」「聞いた事がある」という人も多いと思います。実際はもっと以前からクラウドサービス自体は存在していたのですが、クラウドサービスの最大の特徴である「ネット環境さえ整っていれば、どこでもでも情報が引き出せる」事が今までは難しかった事にあると思います。

しかし最近では無線LANや、無料のブロードバンドスポット(フリースポット)が充実してきた事もあり、気軽にクラウドサービスを使えるようになってきました。

クラウドサービスをうまく利用できれば様々な利点があります。特定のPC以外からもデータにアクセス可能だという事。会社と顧客、親と子といった形でデータを共有できる事。PCの容量を気にせずに、多くのデータを保存しておけるという事。万一自分のPCやHDが壊れても、クラウドサービスに保存したデータは消えない事。

その他にも様々な利点がありますが、ちょっと大きなデータだと今までならわざわざメモリーに移して持ち運んだり、何回かに分けて添付メールとしたり、圧縮したりと何らかの手間が必要だった事がクラウドサービスを使えば一気に解消できます。

様々なサービスがある中で、私が今回選んだのは「Dropbox」というクラウドサービスです。選んだ理由としては、操作が簡単な事と、2GBがフリー(無料)で使える事、そして同期作業等も必要なく、使う度にログインする必要がないと言う事です。面倒くさがりの私にとって、かなり痒い所に手が届くサービス内容だと思います。

操作が簡単といっても、実際にはちょっとややこしかったりするのでは・・・と思っていましたが、保存したい(共有したい)データをDropboxフォルダ内にドラッグ&「Drop」(ドロップ)するだけで簡単にWeb上にアップロードが出来ました。

ある程度のデータを「Dropbox」に移した後、早速他のPCから本当に見えるのかどうかを試してみた所、全く問題なく閲覧・取り出しができました。これならPC操作はちょっと苦手かも・・・という方も、気軽に始められるのではないかと思います。

使い始めてもうすぐ1ヶ月になろうとしてますが、仕事の面で大きなデータを扱う事が多い
のですが、データのやり取りが楽になり作業効率がUPしました。多数の人とデータを共有
したい時も、フォルダを「シェア(共有)」する事ができますので、いちいち確認のメールを
送ったりする必要もなく、とても使い勝手がいいです。仕事で使わない方でも、例えば親子間でお孫さんの写真を共有したり、一緒に行った旅行の写真を共有したりもできます。

便利な「Dropbox」ですが、勿論注意する点もあります。更新中のファイルを開くと壊れる可能性がある事。90日間「Dropbox」にアクセスしない状態が続くとデータが削除される可能性がある事。サポートが現時点では英語でしか受けられない事です。

ただ、どの注意点も利便性から比べたらそこまでのマイナス要素とは言えませんし、フリー(無料)で受けられるサービスとしては秀逸な部類に入ると思います。これからもうまく利用しつつ活用していきたいと思います。

Dropboxはこちらから